東京ロケット CEO 兼 見習いサーバーサイドエンジニアのプログラミング学習日記

見習いサーバーサイドエンジニアのボクが、主にプログラミング学習の記録をしていきたいと思います。主にPHP。

if elseif else文 と switch文

if文で elseifを足していけばいくらでも条件分岐を増やしていくことができます。
例えばこんな感じ

<?php
$name = "suzuki";

if($name == "suzuki")
{
  print "鈴木です。";
}
elseif($name == "ichen")
{
  print "イシンです。";
}
else
{
  print "陽一です。";
}
?>

でも、このように条件分岐が多数ある場合は、switch文を使った方が見やすくてcoolです。
こんな感じ

<?php
$name = "suzuki";

switch($name)
{
  case "suzuki":
      print "鈴木です。";
      break;
  case "ichen":
      print "イシンです。";
      break;
  default:
      print "陽一です。";
      break;
}
?>

でも、switch文には2つの注意事項があります。
①caseのあとは「:」コロンです。「;」ついセミコロンを打ってしまいそうになるので注意です。
②各vaseごとにbreakを忘れずに!